FREEDOM〜気楽に生きたいバツイチママの毎日〜
HOMEわがままかぁちゃんの気まぐれ日記あしあと掲示板リンク集お問合せサイトマップ

離婚のお話Essay


 

バツイチの暮らしで感じたことをそのままESSAYにします。
綺麗ごとじゃ生きられない、この暮らし・・・ですよね


■ ひとり親医療費助成 ■

子供が小さいころはよく熱を出したり、気管支炎や喘息発作を起こしたりと病院にかかる頻度は高かったのですが、大きくなるごとに体力もついて風邪を引いても置き薬でどうにかなるようになりました。

それでもやっぱり病院が必要なときは、ひとり親医療証のありがたみを感じていました。
子供たちは病院でお金を払うって知りません。
いえ、ちゃんとした金額を知りません。
数年前までは完全に無料だったのだけど、私の住む地域では現在、診療に200円・投薬に200円と合計400円で市内の医療を受けることができます。
(都内は地域内だけでなく、都内全域の病院が対象だったのにな・・・)

子供は400円を握り締め、風邪を引くと医者に行きました。
下手にドラッグストアで薬を買うより助かります。面倒でも医者に行くようにと言ってました。

長女が高校を卒業、つまり18歳になった年の3月から被保険者から外れました。
私は何度も「高校を卒業するまでの間に歯医者なり、通院が必要なところは行っておきなさい」と行ってありました。
だけど長女は予約はするものの、面倒くさがって行きません。
特に虫歯があるわけでもなかったのだけど、子供のころに転んで欠けた前歯を治したいと言ってたから。

前歯の治療は高いし、挿し歯にするならもっとかかるし、保険内で出来るなら早いほうがいいって散々言ってたのにね。
とうとう18歳過ぎて、ふつ〜に医療費がかかるようになってしまいました。

自分の収入で医者にかかるようになって、長女はその金額にとっても驚いてます。
400円さえあれば良かったのに、今ではその10倍はかかるのですよ。

最近、長女はよく体を壊します。
急患で病院に駆け込む回数が増えてました。
血液検査やレントゲンやエコーなんかやると5〜6000円は一度に飛ぶんです。

歯医者だって、成人式までに前歯を治したいって言って今年に入ってやっと通い始めたんですけど、やはりお金はかかったみたい。
だからあれほど言ったのに。

この医療費助成は本当にありがたいと思います。
子供だけでなく、親も対象になるのですから、今私も歯医者とメンタルクリニックに通ってますが助かってます。
次女も来春から高校生。
あと3年の間に歯医者へ通うように言ってますよ。
私もあと3年間はこの助成に助けられるでしょうが・・・。

地域によっては一度は窓口で払い、あとから返金されるそうですが、でもそれって手持ちがないと苦しいですよね。
どうにか統一されないものでしょうか。

そうだ!先日町を歩いていたら、「中学3年生まで医療費を無料化してください!」って演説やってて署名集めしてました。
シングル家庭じゃなくたって、医療費は重いです。
うちはもう対象の年齢ではなくなったけど、未来の子供のために署名をしてきました。

ESSEY TOPへ戻る

■ 児童扶養手当削減反対!! ■

児童扶養手当が削減になると言われて、NPO法人が動きました。
2007年9月14日 青山こどもの城の前に集合して、手当てを必要としている個人個人が声を大きくリレートークで思いのたけを訴えました。

当日の19時のNHKニュースでその様子が放映され、朝日新聞、毎日新聞でも記事として大きく取上げられました。私も参加してきましたよ。新聞には小さくですが写真も出ました。

就業支援は現実離れ。
離婚後5年で生活は潤うのでしょうか。
シングルの皆さんの、離婚後5年目の生活ってどうでしたか?

私はやっと、次女が年長さん。長女はまだ小学5年生。
保育園の送迎時間内で帰宅できるパートで細々と暮らしてましたよ。
子供の預け先がないから、何から何まで自分で動かなくてはならず、子供が風邪を引けば休みも増える。
なので正社員でバリバリ働ける状況ではありませんでした。

何か資格を取ろうにも、どうして公的な支援は平日に講習なんでしょうか。
どうやって仕事休んでそんな時間取れましょう。
専門学校に行きたくても、そんな学費は工面できません。その間の生活費はどうしましょう。

就業支援なんて体のいい理屈にしか過ぎないと思われます。
そうやって「努力しろよ」と言うだけで、結局は削減することの穴埋めも出来ていないじゃないか。
「努力しろよ」と言うことが、自立支援なのだろうか?

母子家庭の平均年収は213万円なんだそうです。
平成13年の調査以来、1万円の増額だそうで、それが削減実行の決め手だそうですよ。
どう思いますか?

年収1万円って、月にしたら1000円もないですよね。
そりゃ〜みんな頑張って収入を上げる努力はしてますから、上がるのも当然でしょう。
でも、よく考えてみれば、年収が上がってもその分子供は成長し、それなりにお金もかかって来ます。
その支出バランスは何も考えてはいないのでしょうね。

2007年9月の児童扶養手当削減反対デモから2ヶ月。
その間にも政策は右往左往しましたが、現段階では来年度の削減は凍結されました。
とにかく良かった。

NPO法人Wink、またはNPO法人しんぐるまざーず・ふぉーらむが主体になって、厚生労働省に直接かけ合い、この政策の撤回を懇願してきました。シングルマザーが発する生の声を届け、母子家庭の生活の厳しさ、社会の現状を訴え続けてきました。

平均年収213万だって・・・。
それだって、日本全体の平均年収の4分の1にしか満たないのですからね。
どう考えたって自立と言えるでしょうか。

教育費に値引きはないですからね。
奨学金たって、結局は借金だし。
うちは、高卒で長女は進学を断念しましたよ。
だって・・・児童扶養手当は18歳までですものね。

次女がこれから高校受験。
その資金もどうやって確保しましょうか。
限りある収入の中でどうにかやりくりしているのに、見捨てないで欲しいです。

母子家庭の子だって、自由に進路を選びたいじゃないですか。
子供を健全に、平等に育成するための手当てなのですから、国ももっと納得の行く政策を打ち出して欲しいものです。

ESSEY TOPへ戻る

■ ステップファミリー(再婚)の心構え ■

恋愛していますか?

私は、離婚してから勤めた会社で出会った人と恋に落ちました。
離婚後約2年。それまでは男の人を好きになろうなんて毛頭考えてなかったのですが・・・。
片思いでいようと思っていましたが、どうゆうわけかこの恋は実った。
そして交際10周年も迎えてしまいました。

恋愛期間は長かったのですが、その間「再婚」についてはお互いに深く考えていませんでした。
独身で一人暮らしをしていた彼と、子供を抱えて生活してる私とが、お互いの生活を援助することもなく、
淡々と恋愛のみ楽しんで行ければいいと思っていたのです。

もし、私が彼に生活の支援を求めていたとしたら・・・。
万が一別れが訪れたとき、一番困るのは金銭面。
そんなことで彼の愛情を計ることはしたくなかったのです。

この1〜2年の間に「結婚」と言う言葉が彼の口から出始めて、私も・・・
そろそろ彼に甘えてもいいのかな?と気が緩んで参りました。
結婚となると、子供の存在もそうですが、一番の負担は生活費ではないかな。
まだまだ私も働いていこうと思っていますが、ここに来て体調を崩してしまったので
少々気弱になっています。

そうは言っても、まだ教育費がかかる子供を抱えて、彼に100%の負担をかけるつもりはありません。
自分で出来ることは貪欲にやって行きたいと思い、趣味が高じてWEBデザイン関係の在宅業務を
SOHOとして請け負うようになりました。
これで少しでも、生活に潤いが出て、私も家に居られれば一石二鳥。

せめて、子供の教育費くらいは自分で稼げるようにしていないとなぁ。
再婚したら、家事がもれなくついてくる。
今までのようにグウタラではいられないのだし・・・。
在宅で仕事が出来るようになって、家事も仕事も両立していきたいなってのが
私のもくろみでもありました。徐々にそれが形になってくれば・・・。

スッテプファミリーって言葉は「血の繋がらない家族(親子)」と言う意味で
子供と再婚相手との関係を、いかに良いものにするかってのがテーマです。

金銭的なことは大人2人が考えればいいことで、
再婚の負担は、金銭的なことだけでなく、
血の繋がらない親子関係が、いきなり自分の家族として生活が始まるストレスも
それは大人だけでなく、子供にとっても大きな負担になるのだろうと思います。

生活習慣の違いや、価値観の違い、ママを取られたいう子供の被害妄想。
「お父さんはいらない」と子供は再婚を反対してきましたし、このことに関しては、
彼と相当話し合いました。

どうしたら家族としていい関係が出来上がるのだろう。

ある程度大きくなって意思を持つ子供と、新婚生活に憧れる彼との間で
いかにハンドルを握っていこうかとずいぶん考えたものです。

その結果、出た答えは。

「親子にならなくていい」

お父さんと呼ばなくてもいいし、お父さんの役割はしなくていい。
でも、同じ家に住む家族としての信頼関係を築いていけたらいいなと思います。
仲良しの大人が、ひとり増えたってくらいで、気楽にやって行きたいと思いました。

今はその準備期間。

再婚はまだまだ先です。
新生活に向かって、これまでの恋愛期間とは違うパターンで、生活の中に彼が入ることに
子供にももっと慣れてもらって、彼が居ることが自然なスタイルだって感じて欲しいのです。

まだ教育費がかかる期間は一緒に住むことはせずに、一緒にご飯を作ったり 一緒に買い物行ったり、
デートとは違う動きで子供を含めて行動することから始めています。

みんなが一緒に住む時期は、子供が高校を卒業するころかな。
目標としてはあと5年。
じっくりといい家庭を作って行きたいので、焦らずやろうと考えています。

ESSEY TOPへ戻る

■ 児童扶養手当の問題 ■

先日、取材依頼のお話があって動揺していたにも拘らず、
Wink事務局が私の連絡先を知らせたとの事で
本日、日本テレビさんからお電話がありました。

『児童扶養手当 5年確定計画』ご存知ですか?

平成20年から、児童扶養手当は5年間支給の後、減額となるのです。
『自立』を促すためだと国の政策だそうですが、離婚してたった5年で
本当に自立できるのでしょうか。

私は今日のお電話で、思うことを吐き出すかのように
話してしまいました。今まで、誰に訴えたらいいの??と
思っていたことを、ここで話さずして、誰に言う??ってな感じです。
マスコミが取り上げてくれるなら、ここできっちり言わなくちゃ!!

私が言いたいのは、『自立支援って何??』ってことです。

手当てを必要としなくても生活することを、国は『自立』と言ってるようですが、
そのための収入を得るには、まず子供の保育園問題就労問題(年齢制限)
それと、もうひとりの親(父親)の責任問題(養育費

これをしっかり確立した上で、自立が成り立つのではないかと思います。
働く基盤も出来上がってない状態で、ただ自立を謳うのはやめて欲しいです。
手当てがあると、甘んじていると思われがちですが、それは大きく違います。

まず、保育園問題。
もう時代が違うのだから、土日休み、延長保育時間の制限などはやめて、
保育園も年中無休24時間営業とかにしてもらえないでしょうか。
様々な分野で働くシングルママにとって、保育園問題は頭が痛い所です。

保育園の制限があるから、それに見合う仕事、職場しか就労先を選べないのも事実です。
保育園児は無認可を探せばいいとしても、学童児は放課後保育は5時か6時でおしまい。
その後は見てくれる人がないのですよね。
保育時間、病理保育など、子供を気にせず働ける環境を作って欲しい。

次に就労問題。
面接で聞かれる子供の年齢、「見てくれる人は居ますか?」って質問。
まず、これ聞かれたら不採用だわ。
だから保育園の時間が〜〜〜ってことになる。
会社に託児所あればね〜〜と思う。
残業になったら誰かお迎え行って連れてきて。
ヘルパーみたいな支援ももっと増やして欲しい。
それに年齢の問題。
どうにかならないんでしょうかね・・。

あとは養育費の問題
手当て削減するんだったら、養育費を回収する。
母親の責任とか自立とかを強調する前に、
子供親としての責任を、きちんと養育してない方の親に
国が何らかの形で罰則を作ればいいのに。

シングルママは明日の不安を感じないで生活できる世の中が欲しいのですよ。
手当てが欲しいのではなくてね。
子供の将来、自分の将来、子供の教育など。
当たり前の暮らしが出来る世の中になってほしい。

手前味噌的な発想で、手当て削減=自立なんて言わないで欲しいですよね。
自立するための根底を改善してから、状況をもっと把握してからにして欲しい。

それにね。
教育費が子供にかかる時期はさ?
夫婦で生活してる人だって、旦那様の収入だけじゃ苦しいって
子供の塾代やら学費のためだって働いてる奥様いっぱいいる。
それをね、女がひとりでやるんだってことももっと考えて欲しい

児童扶養手当を削減するなら、その他の支援を充実させるとかね。
このままじゃ、シングルママは生きれないですよ。

もっとみんなも声に出して言わないと!!!
来年からですよ。
大丈夫ですか???

ESSEY TOPへ戻る

■ 離婚を検索する ■

このHPを訪れてきてくれる人の大半が、「離婚」をキーワードに検索しているようです。
お陰でアクセスも伸びてきて、運営する励みになります。

検索ワード「離婚」では14,400,000件ヒットのうち、150位に位置しています。
これは、上位と言っていいのでしょうかね・・・・?
そこまでたどって、離婚について調べたい方が多いってことです。

自分の実体験を元に書いていますが、まったく同じ状況にはならないため
あくまでも、「こんな人もいるよ」って程度で読んでいただければいいのですが、
せっかくなので、掲示板も作りました。
皆さんの不安や、困ったことなど、声に出して呼びかけてみませんか?

ひとりで悩んでいると、いらん事まで考えてしまって、答えがなかなか
見つからなかったりして。優先順位をつけて、何が一番に必要なのか、
紙に書いてでも整理していくといいですよ。

まぁ、それにしても「離婚」と言う単語ひとつで、14,400,000件も
ヒットするんですから驚きます。そんなに離婚について書かれてる
サイトがあるってことですよね。

一番多い検索ワードは、「離婚 子供」でしょうか。
「離婚その後」と言う言葉も多く見られます。
やっぱり、離婚したあとの子供の様子や生活が一番気にかかるのでしょうか。

自分が健康で、もちろん子供も健康であれば働いて収入を得ることができます。
まず、保育園や時間外保育、学童保育などを調べて、仕事探しですね。
養育費もしっかり話し合って、協議離婚であれば絶対に公正証書は作りましょう。

離婚届を出すまでの間に、役所に出向いて、離婚したらどんな支援があるのか
地域によって違うので、しっかり調べておきましょう。
知り合いにシングルの方がいたら、聞いてみるのもいいですよ。
自分が離婚すること、お話しなければいけないけれど・・・。
誰でも通る道なので、みんな親切に教えてくれると思います。

離婚することを恥だと思わないでください。
それが一番子供に可哀想だと私は考えます。
幸せになるために離婚するんだって事を忘れずに。

前を向いて空を仰いで歩いて行きましょうね。
みんな一緒です。

ESSEY TOPへ戻る

■ SOHO ■

体の調子が悪くなって、派遣の仕事が打ち切りになって無職・・・。
来月の無収入を考えたらとても怖い。
他の派遣の仕事ももちろん探してはいるけど、どうも朝の状態が良くないので
ちゃんと通勤できるのか不安でならない。

何もしないわけには行かず、ネットをさまよい、SOHOでの業務委託紹介サイトをみつけた。
ここ、いいですよ。胡散臭いSOHOの、資本出してソフト買うとか、講習受けるとか
そうゆうのはなくて、基本的にスキルがあれば応募できる。企業と直接契約するのです。

募集内容がしっかり書かれているところを基準に、出来そうな仕事に何箇所か
応募してたのです。それが、なかなか返事がなくて気を揉んだのですが、
昨日2件のお返事があり、早速仕事にとりかかりました。

出来高報酬のもの(入力業務)と1案件ごとに報酬が決まっているもの(WEB制作など)
があって、いくつかかけもちでやったら、何とかなるかなぁ?ってな感じ。
でも、仕事が来ないことには話しになりません。

シングルになると、子供も仕事も、あれもこれもで、在宅で生活費が賄えたらなと
誰もが考える。腕と資本がある人は、自分で事業立ち上げて自営でやってる人もいるけど、
なかなか、それも出来ないことのほうが多いもんね。

あぁ・・・もっと早くにPCと出会ってたらなぁ・・なんて考えます。

自分に余裕があったら、いろんな情報取り寄せて、
どんな風に物事運べばどんな風に切り開いていけるのか?って
しっかり考えられるんだろうけど、毎日忙しくしてると
そんなもの調べてる時間も作れなかったり・・・。

今、私こうやって家にいて、療養生活してるけど
頭の中では、どうやってこの生活切り抜けようかと思案しているのです。

SOHOで実績作って、自分のHPもしっかり作って、
自営で何か出来ないだろうか・・・。
今のためだけじゃなく、歳とっても自宅で少しの収入があれば
再婚したあとだって、生活を助けていけるし、貯金もしたい。

夢中になると凝っちゃう性分だから、彼が心配してるけど
でも、こうやって自分で何かを作り出して、それが収入になるって楽しい。

SOHOって、業務委託って意味でしょう?
内職とも違うし、ソフト買わせるとかも違う。
自分が外注になって、企業の仕事を請け負うことだから。

簡単に稼げる仕事なんかないんだもん。
甘い話に乗ったらだめですよ。
自分の腕で稼ぐ!!これが大事。
だから頑張れるんだし、出来あがったときの充実感は最高。

最初は案件も少ないだろうけど、実績作っていっぱい稼ぎたい。
もし、空いた時間で何かできるなら、SOHOでつないでおくといいかも。
胡散臭いのじゃなく、ちゃんとしたSOHOのお仕事でね。

ESSEY TOPへ戻る

■ 取材依頼 ■

先日の教育テレビで放送された「ハートでつなごう」の感想を、
母子家庭共和国SNSの日記で思うがままにしたためた。
続編をやるのか、他の特集で取り上げるのかはまだ不明だけど、
私に取材をって話が事務局から来た。
そりゃもう!!ビックリですよ。

2日目にやった、就職の年齢の壁。
私も40歳過ぎて、この問題は他人事ではない。
現に、35を過ぎてからの仕事探しは難関だった。

いかに自分を売り込むか。
どうやって自分のスキルを上げるのか。
資格を取るにも、講習に通う時間もお金もない。
PCすら触ったことがない私が目指したのは
『事務職』

それまでは、何も出来ない状態で、
誰でも出来るような作業系の仕事ばかりやってきた。
でも、いい加減、体力が持たない。

元々足腰が丈夫ではないので、立ち仕事はきつい。
だから、座ってできる事務職がこの先長く勤めるには
必要なんじゃないかなって思ったんだ。

でも、事務って、Excel必須でしょう?
まだそのときは私、「Excelって何??」って程度。
必死に勉強したのよ。
PCが我が家に来たのが4年前。
そのとき初めてPC触ってドキドキした。

壊してもいいよって友人がくれたWindows98。
念願だったHP作りから始めたんだけど、
最初は何のこっちゃか、さっぱり分からない。

どうにか自分でタグが読めるようになってきて、
たまたまその頃に拾われた会社の社長が
PCオタク(笑)

会社のHPも任されて、SEOだ〜検索順位だ〜と
シリを叩かれ・・・。
お陰で、PCに関しては人一倍の知識が身についた。

この会社に入るときに、PC詳しいですか?って
聞かれて、えいや〜!ハッタリだ!(笑)
「一通りのことは大丈夫です」って言っちゃった。
だから、また勉強の日々。

Excel分かりませんって言えなくなった。

こうやって自分で自力で勉強して
ようやっと、人並みに仕事が出来るようになって。

でも、どこまで出来るかってことは
やらせてもらわないと見せられないじゃない?
面接で何が出来ますか?って聞くくせにね。
同じレベルだとしたら、若い子を採用するんだ。

児童扶養手当が5年確定で削減される政策。
どうかしてるよね。
10年経ったって、まだ自立できない女がここに居ますよ。
ほんとに自分のペースで時間を使えるようになって
子供にも手がかからなくなったら、働ける場所がないんだもの。

って、取材でこんな話をすればいいのかしら。

もうひとつ、お国に物申す。

手当て削減の措置を取るんだったら
養育費回収の措置も取ってくれ。
毎年、現況届けで養育費の金額を提出するけど
「もらってません」って言っても何も反応なし。

離婚届出すときに、その人の戸籍に何か記しつけてさ。
行方不明にならないようになんか対策してよ。
そして、「養育費貰ってません」って言ったら、
夫の方に何か言ってやってよ。
回収してよ。

養育費も勝手に収入枠に入れられて、
手当ての金額査定するんだから、
削減するんだったら、養育費回収も
同時に政策の一部に考えて欲しいよ。

って、これも言ってやろう!

ESSEY TOPへ戻る

■ 父の日について ■

父の日が近くなると、保育園での行事で頭を悩ませている
シンママの書き込みを見かけるようになりました。
保育園で、「お父さんへのプレゼント」と称して作品を作る。
『うちにはお父さんいないのに、どうしよう?』
『子供が寂しい想いをするのではないか?』
と気を揉んでいるようです。

毎年ある行事だから、逃げることは出来ません。
母の日はOKで、父の日はやめてくれっていうのは
単なる母子家庭のわがままだと思います。

だって、世の中には、母親がいない家庭だって山ほどあるでしょう。

保育園の方で対策を練ってくれないか?とか
もっと気を使って欲しいとか。

でも、お宅の子の為だけに行事をやめたり変更したりってことも
保育園側ではなかなか納得できないところもあるのでしょう。
離婚したことを保育園に責任を擦り付けて、「子供が傷つくから」
って言うのは勝手ですが・・・。

私、子供が保育園時代に、その「父の日」に関して
まったく記憶がないのですが、記憶になっいってことは
たぶん、大したことはなかったってことでしょう。

一体どうしていたんだろう。
ほかの子と同じように、父親へのプレゼントを作ってきたのだろうか。
それとも、うちはパパが居ないからって、他の事をしたのだろうか。
そんなことで頭を痛めた記憶がないのだから、本当にそんなこと
大したことじゃなかったんだと思う。

お父さんがいないことが他の子に分かったら、いじめられるのではないか?
って不安も少なからず感じているシンママたちがいるみたいです。
すでに高校を卒業した娘と、現在中2の娘を持つ母として
この2人が今までの学校生活で「父親がいない」と言う理由で
いじめにあったことはありません。

逆に、どうどうと「うちはお父さんいませんから」って言ってるみたいですよ。
『お父さんが居なくて可哀想』という母心が、その子を『可哀想な子』に
してしまっていることもあるんだってこと、忘れずに。

子供の気持ちを聞くと、『お父さんはいない』と言った後の
聞いた人のリアクションが『あら、ごめんなさい』だと
ガッカリするんだそうです。

どうしてお父さんがいないと「ごめんなさいなの?」って。

そうゆう気持ちを大人が植えつけているんだってことだと思います。
私は子供に対して、離婚してごめんなさいと思ったことはありません。
だって幸せになるために離婚したのだから、どうして「ごめんなさい」なの?
堂々と、うちはこれで幸せなのです!!って胸張っていればいいのです。

親が離婚を恥じていると、子供も、恥なんだと思うでしょう。
父の日バンザイ!!
「うちはお父さんいないから、ママにあげるんだ!」
「おじいちゃんにあげるんだ!」
とニコニコして作品を作ってほしいです。

家庭環境なんてそれぞれで、お父さんがいないことが
そんなに珍しいことでもなくなってきました。
パパはうちにはいないけど、私のパパはいるよ!
それでいいじゃないですか。

パパに会ったときに渡しても良いんだし、
あまり大人が敏感になり過ぎるのも良くないかなと考えます。

ESSEY TOPへ戻る

■ 成功者とは ■

シングルママを取り上げてある番組が特集を組んでいたのを見た。
そこに出てくる人たちは、努力してうまく行きましたという人。
現在頑張ってますって言う人。

頑張ってうまく行きましたって人を、私は『成功者』と呼んだ。
それはいけないことらしい。
その人は成功したわけではないって言うんだけどね。
うまく行ってない人からみたら、単純に「成功した人」なんだもん。

子供同行の仕事。
誰もがそうできたらなと願う。
職場に託児所があったらなと思う。

職場の理解を求めよう!って言うけど、
実際にそんなことが出来る人ってどれくらいいるんだろう?

母子家庭を盾にして、自分の勤務体形を特別にして欲しいと
そんなこと、会社には関係ないことだと考えてしまってはダメ?

だって会社は母子家庭のためだけにあるわけではないもの。
そりゃ〜ね、必死に働くよ。自分以外頼るものはない。
収入がなくなることが一番怖い。
だから、頑張ってるって、そんなに簡単に社会が認めるかな。

だって、離婚したのだってその人の人生だもん。
そんなに大変なら、離婚しなきゃいいじゃない?ってのが世間の目だもの。

うまく行った人は成功した人。

この表現は間違ってるかな?
私には成功したもの何があるかな。

今もまだ、抜け出せてない問題がいっぱい。
ねぇ?
自分の力が足りないだけかな。
自分が弱虫なだけかな。

頑張っても報われないことが多すぎるよね。

ESSEY TOPへ戻る

■ 学校の役員 ■

小学校6年間、中学校3年間 X 子供の人数
小学生が3人居たら、その学年ごとに一回ずつ役員をすることになる。
みんな平等だって言うけど、母子家庭にとって役員ほど大変なことはない。

働いてる人は皆同じ条件だって言うけどね。
扶養の範囲内で働いてる主婦と、家計を支える大黒柱的な存在なのと
同じ条件とは思いたくない。

月に何度か集まる委員会や作業。
たった午前中数時間のために会社を休まなくてはならないこと。
どうして午前中なの?どうして平日なの?

土曜日だっていじゃない。
そうしたらもっと負担が減る人だっているんじゃない?
基準が主婦にあるから、働いてる人のこと理解してるようなこと
言うけど、ちっとも改善されない。

出来ないって言うと、非国民みたいな目で非難されて
「自分の子供が通ってる学校のこと、大事に考えてない」
って叱られる。

あのね?
学校のことは私が頑張らなくても、できる人たちで何とかなるでしょ?
こうゆう考え方じゃダメなのかもしれないけどさ。
うちの収入は、私が休んだら、その分だれか穴埋めしてくれるわけじゃないじゃない。
役員になったって職場に言うと、露骨に嫌な顔されるし、休みにくい。

職場にも、その役員になった人への理解もないし。
パートで主婦を雇うなら、そのくらいの理解も欲しいところだね。

役員選出の時期が大嫌いな私。
「まだやってない人?」
って挙手させられて、学年が上がるごとに
その人数が減っていく。

だから、学年が小さいうちにサッサとやってしまったほうがいいんだけど。
結局、役員に入ったって、集まりに出れないで
「何もやらない人」って言われる。

だから母子家庭に強要するのは無理だってば?
同じようには動けないんだから・・・。

まだ義務教育残ってるよね。
でも去年、一応やった。
結局何も出来なかったよ。

来年逃げ切ればもうこの呪縛から逃れられる。
もし、母子家庭ばっかりで役員やったら
きっと集まる時間とか、考えるよね。

学校行事ってどうして親掛かりなのかな。
PTAって何?
この仕組み、どうにかならないのかなぁ・・・。

ESSEY TOPへ戻る

■ 恋愛について ■

昔ね、どこかで読んだ掲示板の書き込みにあったこと。
「離婚したら、子供のことだけを考えて、恋愛なんかしたいと思ってはいけない!」
って、強烈に言ってる人が居た。

自分の幸せや、楽しみを持ってはいけない。
とにかく子供のことだけ考えて生きていけって。

その頃、すでに私には恋人がいて、
いろんな考えがあるんだな〜と思いつつ
そうゆう風に思う人からは、恋愛してる人のこと見たら
子供のことを考えてない人って映るんだろうな・・・と。

恋愛してるからって、子供のことおざなりにしてる人は居ないと思うよ。
そう思いたい。

中には、ほんの一部でね。
ニュースなんかで子供が邪魔になって殺しちゃったなんてやってるけど
それって結構相手の人がそうゆう態度で、どうしてもその人を失いたくないって
ちょっと偏った恋愛しちゃってるんじゃないのかな。

だからってみんなそうじゃないでしょ。

子供と恋人の間に入って一番悩んでるのは本人だもの。
うまく行ってるように見えても、なかなかね。
シンママの恋愛って思うように行かない。
だからその恋愛を大事に考えて行けるのかも。

どんな恋愛をしていきたいか。
子供と恋人の関係をどうやって築いて行きたいのか。
デートの時間や、2人になる時間が思うように取れないときに
どうやってそのジレンマを埋めていくのか。

子供の前じゃあからさまに出来ないけど、
やっぱり誰かを愛して、愛されるのは人間にとって
大事なことなんじゃないかな。

子供のためだけに生きていこうと思う人はそれでいいかも知れない。
でも、恋愛してる人を否定するのも良くないよね。
それぞれが自分に必要なものを探して生きてる。

恋愛だけで満足する人もいれば、
生活の安定のために早く再婚をって望んでる人も居る。
だけど、その良し悪しは
誰かが決めることではないと思うよ。

その人自身がどうゆう生き方が一番幸せなのか。

恋愛しちゃダメって言ってる人が
恋愛しないことで「こんな人生つまんない」って思うのなら
恋愛すればいい。
恋愛しないことで自分が幸せならそれでいい。

私はね。
ある日自然に人を好きになりました。
それまでは、恋愛なんか!って思ってた。
離婚すると誰でも通る道かもしれないけどね。
男なんか!って思って、人を好きになることもなかったのにね。

そうゆう気持ちも時間が解決するのかな。
誰かに迷惑かかってないなら、自分の気持ちに正直になるのは
悪いことではないと思うよ。

好きな人と手をつないで温かい気持ちになれるって
すごい心の栄養だと思う。


ESSEY TOPへ戻る

■ 働くということ ■

どうも私はひとつの会社で長続きしない。
あきっぽいのではなくて、その職場で息が詰ってしまうのです。

人間関係でつまづくのがほとんどで、そこまで追い来れる原因がよく分からない。
嫌がらせや無視、いじめ的な行為に悩まされてきました。

どうして女性ってヤツは、誰かの噂話が好きなんでしょう。
仲良さそうにしてるのに、居ない人の悪口が始まる。
どうして?

それに同調しないと矛先が向けられます。
そんな経験、ないですか?

どうして仕事だけ一生懸命じゃダメですか?
自分に一生懸命なだけで、仕事が好きなだけで、
もしかしたら愛想がなくて、可愛げがないのかもしれないね。

付き合いたくない人と、どうして無理に付き合わないとダメなのかな?
所詮、仕事だけの付き合いだと割り切ってはいけないですか?

友達作りのために働いてるんじゃないし、職場に理解者を求めてるわけでもない。

でも私も昔は、職場の人間に友人付き合いを求めていたこともありました。
でもね・・結局辞めちゃったらそれまでなんですよね。
ただ、会社に行くのが楽しくなるってだけで、本当の友人になることは出来ない。
そんな風に思います。

働くってお遊びじゃないし、主婦の暇つぶしとは違う。
必死ですよ。
会社に認めて欲しいとかじゃなくて、自分のために頑張る。
ちょっとでも給料上がれば、"もってこい"じゃないですか。
自分が頑張った結果が報酬になるわけで、
それでやっかみにあってもねぇ・・・。

嫌がらせにあう自分の原因が分からないのです。
そんな毎日にホトホト疲れてまた転職するんです。

こんな不安定なことじゃいけないんだけどね。
今も無職です。

どうして人間関係に躓くのか分かったんです。
私、病気でした。
「社会不安障害」っていう心の病気。
それで精神科に通い始め、薬飲んでます。

こうやって働けなくなるまで自分に無理してたこと
反省してます。
もっと早くに、辛い気持ちに向き合えば良かった。

働けなくなったらおしまいですよ。
もう収入がないです。
早く次の仕事を探さないといけないですね〜。

まだ自分を諦めたわけではありません。
まだ私に出来ることあると思ってます。
自分に諦めたら全ておしまいだと思ってます。

可能性は消えてません。
自分で培ってきたPCの技術。
どうしてこれだけじゃ働けないのでしょう。

仕事上のコミュニケーションって、必要最小限じゃダメですか?

ESSEY TOPへ戻る

■ 保育園時代 ■

もう10年も前になるけど、保育園時代のこと。
住んでた地域柄なのか、保育園の中に母子家庭は多かった。
福祉がいいって都内でも有名な江戸川区で、
保育料は無料。もしかしたら収入によってかもしれないけど。

延長保育もお願いしたけど、定員オーバーで入れないって言われて。
通常のお迎えは5時。
延長保育でも6時が最終だった。
フルタイムで正社員で働くなんて無理だった。

時々残業で遅くなったりして、電話して遅れること伝えると
延長保育の子達と一緒に待ってる。
冬なんか外は真っ暗で、ひとつの部屋だけ灯りがぽつんとついてて
数人の子がテレビの前で座って、先生が赤ちゃん組の子を抱っこして
その光景が、とっても寂しげで、切なかったんだ。

先生が「出来るだけ延長保育はしないであげてください」って
面倒くさいだけかなと思ってたけど、子供の気持ち考えると
やっぱり早く行ってあげたいって思った。

だから私は、保育園が終わるまでは、フルタイムで働くことが出来なかった。
収入は苦しいけど、早く家に帰って、子供と過ごす時間もほしかった。
まだ保育園くらいの頃って、子ども自身にそんなにお金はかからない。
食べる量だって知れてるし。

上に小学校に行ってる長女もいたけど、小学校も帰りが早いから
保育園のお迎え時間に家に帰るのが丁度いい。
仕事と子供の両立がとっても頭を悩ませたんだけどね。
私はいつだって子供優先に考えてた。

他に誰も子供の世話を頼める場所がなかったせいもあるけど、
母親の代わりは私しかいない。
この時期だけにしか出来ないこと、子供の心に宿す記憶。
そんなことを大事にしたいと考えていた。

それが良かったのか悪かったのか、
いまだに親離れしない子供たち。
もう自分のことは何でもできるだろうに・・・。

母としてはそれがうっとおしくもあり、
嬉しかったりもする。

ESSEY TOPへ戻る

■ 手当てのありがたみ ■

貧乏な生活はまったく変わらない。
養育費も途絶えてもう何年になるだろう。

児童扶養手当のほかにも、負担金が減免される措置には感謝している。
これを自分で全て賄うとしたら、自分の収入ではすでに破綻している。

でもこの手当ても助成も、地域によってかなりの差がある。
どうしてだ?
住んでる地域によって、負担が変わる。
私は江戸川区で7年間、母子家庭をやってきた。
6年前に船橋市に来て愕然とした。

手当ての金額にこんなにも差があるのかと驚いた。

児童扶養手当は、国で統一されているので良いとして
養育手当てというのだろうか?
これが、江戸川区は4ヶ月に一度、児童扶養手当が支給されない偶数月に支給された。
だから、養育手当てと、児童扶養手当が2ヶ月おきに交互に入金されていたことになる。

だから、多少収入が少なくてもどうにか乗り越えてこられた。

でも、船橋市は、養育手当てが半年に1度の支給。
これだけでもずいぶん違う。
出来れば細かい金額でも、間を空けずに手元に欲しい。

しかも、支給額に大きな差。
半年に1度の支給だが、4ヶ月に1度の入金額のほうが多い。
どれだけ江戸川区が恵まれていたのだろうかと実感した。
間もなく船橋市は、この養育手当てが死別世帯だけの措置となった。
離別世帯には、無支給となったわけで、
実際手元に入る手当ては、児童扶養手当だけとなった。

義務教育就学援助でも、 大きな差を感じた。
江戸川区は、教材費から支度金までほぼ全額返戻された。
まとまると割りと大きな金額になり、とてもありがたかった。

船橋市はというと、明細には返戻金としての金額が書かれているが、
実際に手元に振り込まれる金額は違う。
どうしてか、教材費やその他雑費などが差し引かれる。
振り込まれる金額なんてビビたるものだ。

これっぽっち、戻ってきたって・・。
しかも、戻ってきていない金額に対してまで
返戻金該当金額分を何に充てて使ったかと明細を書かされる。

それって、何の援助にもなってないじゃないか?
教育費が浮いた分で、生活してるんですよね。
食費になったり、その他の生活費に充てて暮らしてるから
戻ってきたお金で何を買ったのかって。

それも、もちろん、就学援助を受けている本人の
通学に必要なものに限られている。
服でもいいし、靴でもいい。
体操服を買い換えたとか、辞書を買ったとか。

そんな余裕あるか〜〜!!
ってわけで、船橋市には少々腹が立っている。

でも、全体を見れば、手当てや助成はありがたい。
医療費も200円負担のみでいつでも医者にかかれる。
むやみに薬局で薬を買うなら、医者に行ったほうがいい。

駅前の市営自転車置き場も、児童扶養手当ての証書と
医療費助成証を提示すれば、1年間の使用料が免除される。
先日、原付の置き場を申請したら、これもOKだった。
原付は贅沢品と見られるかと思ったら、大丈夫だったのだ。
年間の駐輪代12000円ほどが免除になった。

高校の授業料も免除対象になる。
私立はどうなんだろう?
公立だったら、大丈夫。
収入制限もあるのだろうけど、私の収入では
今まで不受理になったことはない。

あぁ、塾にも助成があったらいいのにな。
確か、JRの通勤定期代も、助成対象だった気がする。
派遣社員は交通費が出ないから、交通費は自腹なのだけど、
今度しっかり調べてみよう。

それなら、Suikaを使うより、ずっとお得だろうな。

貧乏だから、この助成制度のありがたみがヒシヒシと感じる。
必要な人には大事な手当てなのですから、
手当てを受けてる人を「税金の恩恵で生きてる」なんて言わないでくださいね。
勘違いされてるのは、手当てで充分な生活が出来るほどの金額が
支給されているわけではないってことです。

月額40000円程度。子供2人いるからって倍額ではありません。
2人目はプラス5000円。3人目はプラス3000円だったかな?

養育費がない家庭にとって、この40000円が大事なのです。
だから、手当てを受け取っている人に
「手当て貰ってるんだから困らないでしょう?」という言葉。
これはナイフみたいに刺さります。

もっと優しく母子家庭を見守ってください。
女がひとりで働いて、同じ教育を子供に与えることが
どれほど大変か。
考えてみて欲しいのです。
パート収入プラス40000円で、生活を維持できますか?

ESSEY TOPへ戻る

■ 養育費とは ■

養育費って子供の権利だって言うけれど。
元夫は、どう感じているんだろう。
子供の生活、心配にならないのだろうか。

今の世の中、男が働いたって、奥さんがパートに出て働かなくては
生活が維持できない家庭が多いですよね。
だけど、母子家庭は、自分の他には収入を助けてくれる人はいないのです。

あぁ、そうか。
男が働いても生計を保てないのだから、送金なんて出来ないって主張?
だったら、離婚してなかったらどうなっているんでしょうね。
自分ひとりの暮らしも維持できないのに・・・って思っちゃいます。

奥さんの手元に行くと思うから、払いたくないのかな。
それとも自分のお金が減るのがイヤだから?
単純に、お金がないから?

それでも子供のことなんとも思わないのかな。
たまにお金持ってきて、偉そうに子供と会って、いいとこ取りで父親面して。

腹が立つから、そんなだったら、縁切って養育費もイランワイ!!って
言いたいところだけどやっぱりひとりでヌクヌクされるのも腹が立つから
貰えるものなら貰いたい。

子供はいつまでも、「パパはパパ」って慕ってるのに
当の父親は、知らん振り。
自分の都合のいいときだけ連絡してきて子供のご機嫌取り。

養育費をしっかり払うことが、離れて暮らしてる子供への
ひとつの絆ではないのかな。
権利とか義務とかって問題じゃなくて
自分の子として生み出した命への責任だと私は思う。

そんな自覚を持てと思うのは、短絡的なのかな。
男は子供が生まれてから父親になるまでに時間がかかる。
だから離れてしまうと、父親である自覚も忘れてしまうのだろうか。

ESSEY TOPへ戻る

■ 離婚が決まって ■

離婚が決まって真っ先に頭によぎった気持ちは
「やっと解放された・・・」 だった。

離婚することを告げ、話し合いをしても私の気持ちが戻ることはなかった。
もうこの生活から1日も早く逃げ出したい。
思うことはそれだけ。

どんな苦しい生活になろうとも、この決心が覆ることはないだろうという気持ち。
それは13年経った今でも変わらない。

離婚の理由はどうだろうとも、離婚したことに後悔しないで生きること。
それが離婚するってことへの子供への償いなのではないかなと時々考える。

離婚したことは、子供には関係ない。
大好きだったパパと引き離されたことで、口には出さなくても
少なからず、母親を憎んだりもするだろう。
だから、この暮らしに自信を持って生きて行きたいと考えた。

離婚は恥じではない。
とっても重要な人生の選択で、そこから何かが始まる。
何も出来なかった自分が、一家の主として働く。
生計を保つ。
子供を育てる。
一手に引き受けて、全てを守っていく責任。

ただ夫と離れたいだけじゃ確立しない現実が待っている。
そこのところもっとよく考えて。

未婚の母が増えている。
授かった命を殺せないって、偽善者みたいな若い子たち。
でも、女がひとりで子供を抱えて生きていくには
偽善じゃ出来ないことばかり。

生まなきゃ良かったと思うことがあるなら、
生まないであげるのもその子を愛する気持ちゆえ。

だから私は、絶対に後悔はない。
どんなに苦しくとも貧しくとも
自分の生きる道に自信を持っていたい。

歩き出した道は止めることができないから、
休憩しながらでも、ため息つきながらでも、
進むのみ。進むのみ。

子供が「この暮らしで良かった」と言う。
何よりその言葉が私を救う。
自分を信じて、進みましょう。

もう泣いてる暇はないのです。

時には泣きたくなりますけど・・・。
ホントに・・・。

ESSEY TOPへ戻る

離婚を考えたとき 次女が生まれたわけ次女の病気 離婚を決めたとき離婚と子供 離婚と仕事 離婚と恋愛
Coppyright(C)FREEDOM,All Rights Reserved.
このサイトに掲載されています一切の画像・文章・コンテンツの複製・転載を禁止します